NTT工事会社内で起きているパワハラと守秘義務とモラル〜社会人としての常識を問う

最近困った話と言えば、NTTでパワハラが起きているということ。
事実をNTTへ手紙を送り進言したのだが総務は無視を決め込む始末。
最終的には総務課長は逆ギレして終わり。このままだとNTTは確実に潰れる。特段利用者には関係ない話だろうし、もちろんぼくにだってどうでも良い話だ。IMG_0565

しかし、末端業者の親族を使って私に根回しをする事自体は呆れるし、NTTには守秘義務っていう概念はないんだろうか?

個人的に言いたいことは、文句があるならば堂々と言って欲しいものだ。

最近の話をあげると、ぼくが怖くて業者を差し替える様な姑息な事もするようだし、そのような特別扱いもいつまでも出来るわけじゃない。
今回のことを考えると、怒りを通り越して呆れた。

仕事上でのトラブルはつきものだ。
発注者である私に対し、末端作業員が影でこそこそするなと言うこと。
文句言われたくなければまじめに仕事をしなさい。と言いたい。

NTTがしきりにパワハラの事だけはなんとか穏便と言いながら、最終的には弁護士と支店長のGOサインの基逆ギレするのが会社としての態度だろうか?
誰かNTTに電話応対の指導をしてやって欲しい。

NTTに限らず、大企業の問題は、主要なセクションにいる社員のレベルがきわめて低い事。

現場の社員はとにかく熱心。そういう熱心な社員の努力をフイにしてぶちこわす、心ない人間がいるということ。

近年NTTが私に対し取る態度は、原則として無視。
私が2〜3回ほど書面や電話を送ってようやく返事という程度である。

良く言う台詞がある
「会社決定でこれ以上の回答はない」
という事。

まぁ、NTTだけがパワハラ専売とも思わないし、末端業者が私に対し、NTTでも監督署でも好きな様にしたら良い。と言う言葉は、最初からNTTや監督署が取り合わない事をわかった上での確信犯であるということ。
逆に言うと、非常識な事は認識していても、NTTから直接干される事も無いし、元請けからもとがめられない。無論、監督署に対しても証拠が無いので、調査は入らないと言う事だろう。
末端業者は私の案件だけ外して欲しいとお願いすれば、他社に変えてもらえるという何か勘違いした印象を受ける。

つまり、言いたい放題である上、こちらが何らかのアクションを起こしても末端業者は痛くもかゆくも無い。治外法権な印象をうけた。

もっともパワハラを見て見ぬふりをするNTTも問題だが、進言した私に対してもないがしろする事はどうだろう?
結局解決するつもりどころか、うやむやにして放置が良いのだろう。
これが、いわゆるグレーゾーンってやつか?

今回の件のあらまし
1 私から仕事上の叱責を受けた末端業者のA
2 Aが同僚のBをイジメる。
3 BがAからの話を親に相談。
4 Bの親が私にクレームをつける。
5 私がNTT及び末端業者に連絡。
6 NTTは1ヶ月近く待たせたあげく、最後は総務が逆ギレして終了 → いまここの状態

と言う流れである。

社会人にもなって自分の口で言えず、親を介してしか文句を言えないのは情けないにもほどがある。
NTTはこう言った守秘義務やモラルの指導はしているのだろうか?
本当の意味で嘆かわしい。

— posted by おおくす at 12:01 pm   pingTrackBack [0]

Amazonの架空発注とその問題を考える

最近のお怒りな話

架空注文の犯人はだれか?


先日、Amazonから代引が100近く届いたことが判明。
私が被害届を出すにも罪状が見つからず、結果的に受理できず。気になる話が偽名でなぜ注文しなくてはいけないのか?
Amazonに情報開示を求めても応じてもらえず結果的に泣き寝入りというオチ。もちろん、警察署からもなすすべなく。

逆の言い方をすると、架空注文をしても犯罪にならないという事である。犯罪の片棒ん持つのか或いは、疑わしきは罰せずか?

これは詐欺と業務妨害行為ではないかと思う。私もこのまま黙っているつもりはないから、徹底的に調べて探し出す方針である。


当然こう言った事件のポイントは、何処にあるかと言うと

「まず、アリバイ作り」を入念に行い、決定的な証拠が集まれば被害届提出後、捜査が始まる。

と言う訳です。(今回の総額は約45万円)

amazonlist




また、同様なことが昨年の夏にも起きている

sawada




今回の場合、被疑者となるべき相手はある程度絞れたものの、決定的な証拠がない為、当然であるがこちらも・警察も手が出せない。

Amazonが情報開示に応じてくれるならば、一気にケリが付くんだが、今のところはAmazonが警察に被害届を出して被疑者特定に協力してくれる事が良い。

犯人に予告しよう。このまま、逃げ切れるとは思うなということだ。私は、正当な手段をもって、被疑者を特定する事。

ここでは書けないが、今回の件で犯人は誰かほぼ特定出来ている。

この記事を読んでいるならば、是非名乗り出ていただきたい。

— posted by おおくす at 03:35 am   pingTrackBack [0]

ADSLから光へ変更したときのコスト比較

今日、NTTが雲仙市に初の光回線が開通する情報がはいりました。
関係者の話をまとめると、今月上旬頃から既に情報が流れていることをつかんでいたようで相変わらずの一歩で遅れである。
近年、設備検討した会社については「今後の光回線が開通するにあたって対応できるインフラ整備」が重要。
という話を説いてきた訳です。

では、現在のインターネット環境を光回線に変更するとなぜ安くなるのか?

以下は一般的な回線を例に取り上げてみる(諸税その他別)

電話回線基本料金 2400円
ADSL基本料金  2980円
モデムレンタル料 490円
プロバイダ料  1250円
合計      7120円

これが光回線にかわった場合
光回線基本料金 5400円
ひかり電話基本料 500円
プロバイダ料  1250円
合計      7150円




・・・・おや?なんか高い気がしますね。
確かに、この比較ではADSLの時とさほどかわりません。

これが、実際にキャンペーンの割引が適用されると
光回線基本料金    5400円
キャンペーン割引  ▲1790円
ひかり電話基本料    500円
プロバイダ料     1250円
合計         5360円

となり差額ベースで約1760円の割引が受けられる。
プロバイダ料金については、契約内容次第では、月額500円もあり
さらに750円安くなり、4610円となります。

もちろんこれは極端な話ですが、実際のモデルケースは
ISDN1回線
アナログ1回線+ADSL

の組み合わせが圧倒的に多く、事業所ベースで計算すると次のような試算結果が出ます。
http://www.ntt-west.co.jp/denwa/charge/basic/basic.htmlLink
ISDN基本料 3530円
ナンバーディスプレイ 1800円
ナンバーリクエスト  400円
ボイスワープ(転送電話) 800円
アナログ基本料金 2400円
ADSL基本料金 2980円
モデムレンタル料 490円
プロバイダ料  1250円
合計 13650円(税別・ユニバーサルサービス料・通話料は別途)

となります。この料金を光回線へ切り替えた場合

光回線基本料 5400円
ひかり電話A(エース) 1500円
追加チャネル(2通話同時) 200円
追加番号          100円
プロバイダ料  1250円
合計     8450円(税別)
です。さらに、キャンペーン割引の1790円を引くと

なんと6660円。

さらにこの6660円の中には480円分の無料通話が含まれますので、実質6180円。
切り替え前が13650円ですので、これから6660円を引くと6990円の差が出る計算。

かえなきゃ損と言わんばかりの大幅なコストダウンに貢献します。
もちろんこれは、机上の空論といわれますが
様々な恩恵は、設備の刷新をしていく上で今後必要なこと。


切り替えにともなう諸費用は平均1万円。
契約料   800円
工事費  3500円(割引価格)
番号移転 6000円
合計  10300円(税別)

の初期費用がかかりますが、それでもわずか2ヶ月で元が取れる計算。

もちろんこのパターンですんなりできる保証はなく、ほとんど「業務用電話(いわゆるビジネスフォン)」が導入されており、回線改造が大前提になるケースがおおいのです。

CTIを導入している会社では、ISDNを採用し、番号表示においてターミナルアダプタが連結されています。
こういった場合において、光回線へ移行をどうするか迷うのは当然のことです。

近年、こういった場合でも回線の組み立て方次第では大規模な改造なくして、光回線へ切り替えが可能になりました。

ただ、光回線へ置き換えることが困難なケースがあります

防災装置への連結です。

防災のためにアナログ回線を設置するケースは今でも義務化されており、ISDNでもよいという場合と不可の場合があるようです。
(原則はアナログ回線設置と覚えておいてよいとのこと)

そのため、回線を完全光回線化するのは困難というケースもあるのです。



今後のマイグレーション(移行作業)において、コストも大事ですがサービスのパフォーマンスをどの程度高めることができるかが
今後の鍵になりそうです。

— posted by おおくす at 11:34 pm   pingTrackBack [0]

NTT光回線のホームゲートウェイの痛い話

昨年、NTT西日本とこんなやりとりをしました。


ホームゲートウェイのメーカで、NECなど数社が担当しているが、私はNECにしていただきたい。

と言う話をした。


コールセンタの某氏より「メーカ指定などあなたに指図される筋合いは無い」と言う痛烈な一言を受け、その事がきっかけで1年も経たずに光回線を撤去する事になったのは記憶に新しい。
そんな中、本日こんな記事Link を見た。

NTTHGW


これは、ホームゲートウェイの端末でMIは三菱電機を指す。

私はNEC至上主義で無く、ISDN時代から端末の実績が一番ある会社はNECであると言いたいだけで他意は無い。
ISDNも、ADSLもFTTHに至るまでNECのシェアははっきり言って大きい。


なかばこの話について、今回の記事を見て揚げ足をとるつもりは毛頭なく
むしろ「やはり起きてしまったか。」と言う気持ちにさせられた。

NTTのホームゲートウェイは

NEC(型番NE)
沖電気(型番KI)
三菱電機(型番MI)
住友電工(型番SE)

があり、現行タイプではおもにNEC・沖電気・三菱電機のいずれかが配備されるがユーザはまずこの事実を知らない。
私は過去の経験上、NECがあるのを確認した上で、立ち会いをする場合も含めNECを置くように依頼した。
三菱電機の光端末はおもにBBIQでよく使われており、ギガビットタイプの回線を使用する場合は三菱電機となる。
一部のユーザについては、富士通もあるが現在は三菱電機がほとんどではないだろうか。

NTTはなぜホームゲートウェイを数社に開発させたのだろうか。

過去の端末と違い、外観は同じだが内部仕様が異なる。

NEC

PR-400NE


http://www.ntt-west.co.jp/kiki/download/flets/pr400ne/PR-400NE_man1303.pdfLink

三菱電機

PR-400MI


http://www.ntt-west.co.jp/kiki/download/flets/pr400mi/PR-400MI_man1303.pdfLink

沖電気

PR-400KI


http://www.ntt-west.co.jp/kiki/download/flets/pr400ki/PR-400KI_man1303.pdfLink


ハードウェアの仕様は基本は同じだが、沖電気・NECにはあるが、三菱電機には無い機能としてセキュリティ保護機能がある。

このあたりは機能としてあるか無いかのレベル故、どちらが良いとは言えないが
チェックしておくポイントの一つと言える。


マニュアルではわかりづらいのだが、NECと沖電気においてUPnPの動作が実は違う。

沖電気はグローバルIPを返すのに対し、NECはプライベートIPを返す仕様になっている。


セキュリティの面で見た場合に、NECの方が強固である事がわかる。
パスワード設定に関しても沖電気はすべて一緒のフレーズができるが、NECは個別に変更しなければ使えない制約がある。これも同様な理由からだろう。


こういった事をNTTの担当者にクチ酸っぱく伝えたところで「どれも同じだから」いうのは甚だおかしい。

見かけ倒しで実は中身が違いましたでは正直困る。

ホームゲートウェイなど端末関連では、沖電気も過去にトラブルLink があった。


こういった事情からNECが安心と言うより「確実」とみたゆえんである。

もっとも、こういうトラブルを声高らかに申し上げるつもりは毛頭無いのだが、どれも選んでも同じ金額ならユーザにも選ばせる権利が欲しいモノだ。

もし、そういった事をしたくないとNTTが考えるならば、提供ベンダーは目的別に分けるべきじゃないだろうか?

マンション用 沖電気
テレビ用 三菱電機
一般家庭用 NEC

といった感じである。
どこのユーザも同じメーカ・同時期なら同じ規格なら納得もできるのだが・・・。

後はレンタルの無線LANカードの件だが、
同時工事なら「事前配送」とかでなく、工事会社が持ち込む方がずっと良い。


NTTで光回線工事を検討している場合、ホームゲートウェイはNECを希望と一言伝えた方が後々良い。

— posted by おおくす at 10:36 pm   pingTrackBack [0]

社用封筒と料金後納郵便

ようやく、会社の封筒をゴム印から印刷に切り替えたものの一種のためらいがありました。

image


料金後納郵便を一昨年にはじめてから封筒も作らねばと思っていましたが、わざわざ印刷会社に出すまではないだろう。

と言うのは私の勝手な思い込みでいざ、作ってみたら仕上がりの良さを実感せずにいられませんでした。


社用封筒を料金後納にしたかった理由は大きく2つあります。

1つは「料金後納ができる信頼性」を外部にアピールする為
2つは「業務利用における請求の実績確認」の為

が上げられます。

特に対外的に料金後納ができるメリットはかなり大きく、切手を貼るのと違い原則として消印が押印される事はありません。

これは、いわゆる「そば屋の出前」方式で、消印が押されない事を逆手にとるいわゆる「ある程度の延着はかまわない」事を意味します。

消印は時として「状況証拠」を突きつける決定的な証拠になります。

どうしても消印が必要な場合は、やむなく切手または窓口で料金印紙(証紙)を貼ってもらい、消印として処理してもらう事もあります。


最近は、パソコンとプリンタがある程度幅を利かせる様になってから、封筒印刷も自前で行う事が増えました。業種・年商関係なくです。

なぜ、印刷会社に出さずプリンタなのか?訊ねると
「わざわざ印刷会社に出さなくても自分たちで印刷すれば済むじゃないか?」

と言う答えが返ってきます。

ただ、私は身の回りの印刷物はできるだけ

「顧客向けの資料はレーザプリンタ」
「名刺などは印刷会社」

と使い分けており、インクジェットに関してはfaxがある程度です。


世間一般インクジェットが悪いのでなく、インクジェットのにじみがどうしても気になり、安っぽい気がするのが私の中でありました。

これは見かけ倒しかもしれませんし、一種の自己満足かもしれません。

社用封筒は相手に送る上で顔とも言えるもの。
シンプルだけど、自信もって使いたい。

特に名刺を始め、こういった資材関係は初期投資を考えると重くのしかかるもの。

効率を考えると

「印刷した封筒」
「料金後納」
「窓つき」

の3つは、「ミスをしない」工夫の一つです。

相手の印象は必ずしも口に出して言うことはありません。
ただ、仕事のスピードを1秒でも速めるには欠かせません。

仕事効率を高めるのは、大切な事です。
封筒を印刷し、料金後納にする、本当の理由は


「絶対偽造ができない」


これに尽きるのです。

— posted by おおくす at 11:33 pm   pingTrackBack [0]

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 2017.6 >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0546 sec.