新型iPhone5sとiPhone5cの販売で国内市場は戦国時代へ

現地時間9月10日午前10時に発表された新型iPhone5sのリリースは大方の予想通りだった。

20130911iphone5



スペック表Link を見る限りではiPhone5sとiPhone5cの違いは若干あるものの、指紋センサーや動画機能など、決定的に違うのがCPUの部分。
見るからに明らかに性能が良い。


11753655731603794149511423709964n



今回のiOS7の展開でどのようにアプリ作りが変わってくるかが楽しみだが
基本的な考え方はiOS4の頃からさほど違いはないと見ている。
解像度も同じだから後は操作性だけだろうか。

私はiPhone4からiPhone5に買い換えたクチなので、この調子でいけばiPhone6か?

物欲がいまいちわかない私にとって、iPhone5sは様子見が濃厚。来秋のiPhoneまで待つか、或いは他社端末利用か?を検討するはずだが今のところ決定打に欠ける。


ただ、電波問題を少し整理しなくてはいけない

LTEiphone5


各社のLTE対応状況Link

>NTT docomo 800MHz(Band-19)/2.1GHz(Band-1)
>au(KDDI) 800MHz(Band-18)/2.1GHz(Band-1)
>SoftBank 900MHz(Band-8)/1.7GHz(Band-3)/2.1GHz(Band-1)

の3社についてだが、LTEだけで見た場合に SoftBank 以外は周波数が割と安定している。の見方をしている。
※SoftBankのBand-8(900MHz帯)は、2014年以降順次展開。

docomoは今回、どの程度実績をだせるか?
auはiPhone5の時の失策をどれだけ挽回できるか?
SoftBankは本当につながらないのか?

私が疑問に残る点として、実際LTEが不安定になれば3Gに切り替わるし通話だって、3Gを使っている。

LTEだけに注目して話が流れているが、私が疑問に思うのは
「LTEでも3Gでもいいので、iPhone5sはどこまで通話として使えるのか?」という点につきる。
屋内利用が多い私はもっぱらデータ通信は、Wi-FiばかりでLTEは外出の時はほとんど使わない。実に3G専用に近い。


実態に即した情報を収集しているのだが

スペックシートを見ても、わかりづらいので簡単にまとめて見ると


SoftBankは LTEはバンド(1/3/8/11)
auはLTEバンド(1/11/18)
docomoはLTEバンド(1/19/21)

※バンド11は1.5GHz帯(ソフトバンクは11は実際に使用していない)
※バンド3は1.7GHz帯(厳密にはイーモバイルの帯域となる)

現時点は、iPhone5sはソフトバンクが劣勢?と言う話だがあくまでも、LTEの場合であり、3Gの900MHzは利用できる訳だから何とかなりそうに思える。

とはいえ、情報が多い事ももちろんだがあまりにも錯綜しすぎている。

iPhone5との比較を次のようにまとめた

NONALNUM-4C5445C2D0B1FEC9BD


このデータから、iPhone5のLTE対応が全体的に弱かった事がわかる。
今回機種変更するユーザはある意味正解という事になるだろうか。
さらに、今回香港版のiPhone5sはソフトバンクは完全対応するが、auとdocomoの場合2.1GHz帯しか使えない
これはこれまでの海外版との大きな違いと言える。


果たして、通信トラブルを最初に起こす会社はどこになるのやら、今から主要3キャリアは戦々恐々としなければ・・。
まだまだ眠れない日々が続きそうである。

— posted by おおくす at 08:43 pm   pingTrackBack [0]

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 2013.9 >>
SMTWTFS
12 3 4 5 6 7
89 10 11 12 13 14
151617 18 19 20 21
222324 25 26 27 28
2930      
 
T: Y: ALL:
Created in 0.5248 sec.