障害者とコンピュータ〜ALS患者とパソコン

久々パソコンをさらっていたら珍しい原稿が見つかりました。
原文は当時のまま、20年ほど前に執筆した原稿です。

テーマは筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者と音声支援ソフトに関する話題です。


「障害者とコンピュータ」


 「ビデオゲームが有害だって?昔、ロックンロールもそういわれたもんさ」
宮本 茂 氏(任天堂株式会社 ソフトウェア開発のチーフ プロデューサ)
 みなさんは、ビデオゲームをどのような感覚で遊んでいますか?障害者とコンピュータどこにどういう接点があるのでしょうか。これについて、一つ考えて欲しいと思います。
 私は先日、ある障害者の家を訪ねました。その方は、ALSという重度障害を持っていました。症状は体が思うように動かないうえ会話困難な方でした。
そこで、少しでもコミュニケーションを図れるようにするために、意思伝達装置を行政側が導入し、その指導を私がすることになったのでありました。納入は私が来る2週間ほど前にすでに行われておりました。
 私は、彼のことを少し聞いていました。話によると、
「ファミコンをすることが出来る」と。
 これが功を奏すとはこの時点では全く想像もしていませんでした。
 早速、指導を始めました。起動するとWindows3.1が上がってきました。そこから、音声装置が起動し、動作し始めました。起動はしましたが、思うように動きません。困ってから、マニュアル、ソフトをとにかく見て、あれこれしましたが、うまくいきませんでした。私が、よく分からず、席を外すと彼が手足を使い、動かし始めました。私は「大丈夫かな?」と見ていましたが、さっき出来なかった私よりうまくやっていました。
 この時点で私は、「彼に対して説明は必要ないな」と思いました。
 彼はそのうえ、大して役に立たなかった私に対し、操作を続け「本日は、お忙しいところをお越しいただきありがとうございました」と入力し、私は目頭が熱くなる思いがしました。
 このとき、ふと辺りを見回しました。なんとSFCが置いてあるのです。私は、ピンときました。私は、「これに馴れていたから、あれを使うことが出来た」と、推察しました。
 私は、元来ゲーム機は道楽のために存在すると思いましたが、他の効果として社会進出、集中力を養うことも出来ると言うことに気付きました。
 彼はコンピュータ制御を自分のものに出来た背景に、ファミコンが影響していたのではないでしょうか。
 私たちは、五体満足を当たり前のように感じています。しかし、中には、そのような恩恵にあずかれなかった人もいます。
 ゲーム機のもたらす影響は、どんな人に対しても大きいと思います。
 みなさんの周りにも、話すことが困難な障害者の方々はおられると思いますが、彼らを陰で支えているのが、人でありゲーム機であると思います。
 これからも、暖かい手をさしのべて欲しいと思います。

July 14,1996 おおくす@ながさき

— posted by おおくす at 09:28 pm   pingTrackBack [0]

 

続・ゆうパケットの料金は一体いくらなのか?

昨年から、このテーマで何度も引っ張っている気がしてなりませんが、ひとまず概略がわかり、サービスについてまとめる事に。



ゆうパケット?とはそもそも何か?



→郵便局公式ページ

ゆうパケット見本1ゆうパケット見本2 ゆうパケット差し出し見本1 ゆうパケット差し出し見本2

ゆうパケットは、元々「追跡ゆうメール」の名称で、試験的にサービス提供されていた事が始まりで、大手通販会社のAmazonが利用し始めました。

それから、何年か経った後、通販サービスの拡充を目的にはじまったのが、ゆうパケット。



関心が高いのはなぜか?と言えば

「運賃の設定がオープン価格」になっている事で、その範囲に疑問を持つ私は同時期に展開された、クリックポストと比較した所にこのサービスのあり方を考えることにしました。



クリックポストに関する話は、本当の意味で特別ですので、除外しゆうパケットは、従来のポスパケットと何が違うか?と言う所を比較したほうがわかりやすいかもしれません。



項目/区分 ゆうパケット ポスパケット
運賃 180円〜300円(契約条件により異なる)
持込と集荷では運賃が異なる(持込割あり) 360円
クリックポストの場合は164円で可能(特割)
寸法 1〜3センチの区分あり 3センチ以内
重量 1キログラム以内 1キログラム以内
切手貼付(即納扱い) × ○
別納扱い ○(ただし、一度の集荷で10個以上の出荷を要する。) ○
※他の郵便物がある場合に使う事がある
後納扱い ○ ○
着払い
(受取人払) × ○
配送方法 終日配達・受領印省略 終日配達・受領印省略
追跡バーコード ○
宅配に準じる ○
宅配に準じる
専用バーコード 500単位 10000単位
専用ラベル 別納・後納が印字されたバーコード付きラベルの貼付を原則とする。
宛名を同時に印字する場合、印字用ラベルを別途準備する場合、専用ソフトまたはラベル印刷アプリが必要となる。 宛名とバーコードが印字されたラベルまたは、大口バーコードを使った専用ラベルを使用
私製表記の要件 黒背景に白抜き文字でゆうパケットと記載 ポスパケットと記載。表示方法は任意
事前契約 必須 不要
後納ポストイン 可能(ただし集荷扱いに準じる) 可能
差し出し条件 年間500個以上の取扱を前提とする
原則集荷による取扱
ただし、集配局に持ち込む場合は持込割を適用 なし(郵便局窓口・ポスト・集荷いずれも可)
※切手貼付が無い場合は着払いの取扱とする。
ゆうパケットを利用する事は、確かに便利であるが、その取扱・サービスの説明からしてきわめてハードルは超高い。

ここまでの内容を整理して対応となるが、ポスパケットの代替として対応が適切かどうかの観点から見ても、もう少し制度設計をしっかり組み立てて欲しいのが本音かもしれない。

ゆうパケットを使うメリットを見いだすには、軽量だがやや高額な為、追跡の品質を担保する必要がある。

DMを出すだけにあれば、ゆうメール(追跡サービス無し)を使う方が効率がずっと良い。

ここで作成したイメージは郵便局からの公式ではなく、私が実際に打合せの際、確認したものを基に作成している。

ゆうパケットが4月以降のヤマトメール便とどのように対決するか?と言いたいが、もう少しサービスの設計をオープン且つわかりやすいモノにしなければ、厳しいと思う。

通数の問題よりも、差し出しに関する要件が一番のネックと言えよう。大量に商品発送が予定され、バーコード付与が必要な場合は、既製ラベルより大口バーコードを取得し、感熱ラベルを使った印字が明らかに効率が良く、使い勝手は良いはず。

私がもう一つ差し出しの際、気になったのが、サイズの厚さが1〜3cmとなっている点。差し出しの大きさをどの時点で測定し、計数実施するか?と言うこと。

当然であるが、サービスを熟知しないと運賃間違いどころか、却ってロスが大きい。取り扱う部署も、窓口社員の対応は不可で集荷担当の社員に限る点もこの煩雑さがあると言わざる得ない。

差し出す利用者はかまわないとしても、荷受けする社員はハッキリいって拷問だ。

条件が多い、サービスはいくら運賃が安くてもあまり効率の良い話では無い。ヤマトのメール便を意識したサービス設計は見え見えで、詳細を発表すると民業圧迫と言うか、軋轢を生むと上層部は考えたのだろう。これならば、レターパックを使えと言うオチで決着が付くと思う。

結論として、ゆうパケットの制度設計をもう一度見直して欲しい。運賃に関する話はその次である。

— posted by おおくす at 03:41 am   pingTrackBack [0]

NTT工事会社内で起きているパワハラと守秘義務とモラル〜社会人としての常識を問う

最近困った話と言えば、NTTでパワハラが起きているということ。
事実をNTTへ手紙を送り進言したのだが総務は無視を決め込む始末。
最終的には総務課長は逆ギレして終わり。このままだとNTTは確実に潰れる。特段利用者には関係ない話だろうし、もちろんぼくにだってどうでも良い話だ。IMG_0565

しかし、末端業者の親族を使って私に根回しをする事自体は呆れるし、NTTには守秘義務っていう概念はないんだろうか?

個人的に言いたいことは、文句があるならば堂々と言って欲しいものだ。

最近の話をあげると、ぼくが怖くて業者を差し替える様な姑息な事もするようだし、そのような特別扱いもいつまでも出来るわけじゃない。
今回のことを考えると、怒りを通り越して呆れた。

仕事上でのトラブルはつきものだ。
発注者である私に対し、末端作業員が影でこそこそするなと言うこと。
文句言われたくなければまじめに仕事をしなさい。と言いたい。

NTTがしきりにパワハラの事だけはなんとか穏便と言いながら、最終的には弁護士と支店長のGOサインの基逆ギレするのが会社としての態度だろうか?
誰かNTTに電話応対の指導をしてやって欲しい。

NTTに限らず、大企業の問題は、主要なセクションにいる社員のレベルがきわめて低い事。

現場の社員はとにかく熱心。そういう熱心な社員の努力をフイにしてぶちこわす、心ない人間がいるということ。

近年NTTが私に対し取る態度は、原則として無視。
私が2〜3回ほど書面や電話を送ってようやく返事という程度である。

良く言う台詞がある
「会社決定でこれ以上の回答はない」
という事。

まぁ、NTTだけがパワハラ専売とも思わないし、末端業者が私に対し、NTTでも監督署でも好きな様にしたら良い。と言う言葉は、最初からNTTや監督署が取り合わない事をわかった上での確信犯であるということ。
逆に言うと、非常識な事は認識していても、NTTから直接干される事も無いし、元請けからもとがめられない。無論、監督署に対しても証拠が無いので、調査は入らないと言う事だろう。
末端業者は私の案件だけ外して欲しいとお願いすれば、他社に変えてもらえるという何か勘違いした印象を受ける。

つまり、言いたい放題である上、こちらが何らかのアクションを起こしても末端業者は痛くもかゆくも無い。治外法権な印象をうけた。

もっともパワハラを見て見ぬふりをするNTTも問題だが、進言した私に対してもないがしろする事はどうだろう?
結局解決するつもりどころか、うやむやにして放置が良いのだろう。
これが、いわゆるグレーゾーンってやつか?

今回の件のあらまし
1 私から仕事上の叱責を受けた末端業者のA
2 Aが同僚のBをイジメる。
3 BがAからの話を親に相談。
4 Bの親が私にクレームをつける。
5 私がNTT及び末端業者に連絡。
6 NTTは1ヶ月近く待たせたあげく、最後は総務が逆ギレして終了 → いまここの状態

と言う流れである。

社会人にもなって自分の口で言えず、親を介してしか文句を言えないのは情けないにもほどがある。
NTTはこう言った守秘義務やモラルの指導はしているのだろうか?
本当の意味で嘆かわしい。

— posted by おおくす at 12:01 pm   pingTrackBack [0]

Amazonの架空発注とその問題を考える

最近のお怒りな話

架空注文の犯人はだれか?


先日、Amazonから代引が100近く届いたことが判明。
私が被害届を出すにも罪状が見つからず、結果的に受理できず。気になる話が偽名でなぜ注文しなくてはいけないのか?
Amazonに情報開示を求めても応じてもらえず結果的に泣き寝入りというオチ。もちろん、警察署からもなすすべなく。

逆の言い方をすると、架空注文をしても犯罪にならないという事である。犯罪の片棒ん持つのか或いは、疑わしきは罰せずか?

これは詐欺と業務妨害行為ではないかと思う。私もこのまま黙っているつもりはないから、徹底的に調べて探し出す方針である。


当然こう言った事件のポイントは、何処にあるかと言うと

「まず、アリバイ作り」を入念に行い、決定的な証拠が集まれば被害届提出後、捜査が始まる。

と言う訳です。(今回の総額は約45万円)

amazonlist




また、同様なことが昨年の夏にも起きている

sawada




今回の場合、被疑者となるべき相手はある程度絞れたものの、決定的な証拠がない為、当然であるがこちらも・警察も手が出せない。

Amazonが情報開示に応じてくれるならば、一気にケリが付くんだが、今のところはAmazonが警察に被害届を出して被疑者特定に協力してくれる事が良い。

犯人に予告しよう。このまま、逃げ切れるとは思うなということだ。私は、正当な手段をもって、被疑者を特定する事。

ここでは書けないが、今回の件で犯人は誰かほぼ特定出来ている。

この記事を読んでいるならば、是非名乗り出ていただきたい。

— posted by おおくす at 03:35 am   pingTrackBack [0]

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 2015.3 >>
SMTWTFS
1234567
891011 12 1314
15161718192021
22232425262728
293031    
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0789 sec.