[ カテゴリー » ネットビジネス ]

大手通販会社とamazonの違い

先日、部屋の荷物を整理すべく収納ケースを購入しました。

最近のネット通販は店頭価格と同じか或いは1〜2割安いのが一般的で、私の購入動機は
「自宅まで運ぶのが面倒」
それでもって安いに越したことはない。

と言う最もな理由で選択。

購入したのは9月10日の昼間。
それからメールが自動送信が1通、システム受付が1通、出荷依頼メールが1通とここまで10日のうちに届き、11日の夕方に出荷完了のメールが届く。
伝票番号が記載されているので、早速確認すると荷物は鳥栖(佐賀県)から出る仕組み。

さらに、クロネコヤマトLink佐川急便Link で荷物が出荷されると自動的にメールが届く仕組みになっており、荷物の取りこぼしがなくより安心です。

そんな訳で、今日届くのか・・と言うが、おかしい届く気配がない。
と出荷状況を確認すべく、運送会社へ連絡。


おおくす「荷物の状況を調べてください・・・伝票番号は5xxx-xxxx-xxxxです。」
オペレータ「日付指定が入って翌日になっているようです。」
おおくす「今日の配達で大丈夫なので午後から配送に回してください。」
オペレータ「かしこまりました。」


しかしながら、なぜ荷物を到着したその日に配送に回さず、1日おいて発送するのか?
日付指定は、基本的にプレゼントなど「サプライズ」を始め、期日厳守しなければいけない特殊な商品があり、日付指定を無視するのはもちろん好ましい話ではありません。
もっとも、一般の日付指定は「無料オプション」だが、一部のサービスでは「日付・時間」厳守のサービスもあり

そんな訳で、なぜ日付指定が入ったのかこういった理由に通販会社に訊ねると「会社のシステム上発送の2日後しか設定できない」と言う。
私は「急ぎはしないが、無駄に遅延させる発送はいただけない」と苦情を出しました。

もっとも、amazonLink であれば、朝9時30分までに注文が完了するとその日のうちに届く仕組みになっています。

今回はamazonに在庫が無く、メーカ直販で購入したから大丈夫と思っていたが、あまりのていたらくな対応に正直苦言どころか、率先して買うのはどうだろう?
と思ってしまう事になりかねない。

amazonは通販専売店だが、今回購入したのは製造メーカ直販である故、普段は店舗へ卸すのが中心。
だから個人向け販売はこの程度で良いと言うものかもしれません。


それでも、同じ大手メーカの、サンワサプライLinkエレコムLinkバッファローLink は注文時間の差はあるもの、原則当日出荷、翌日配送。と言う体制がとられており、大手ならできるはずなのに。
と言うのは言い過ぎとは思いません。

現に、1日に10数万件を受注するamazonですら、当日出荷ができるのにと思うばかりです。


自社の配送システムが脆弱ならamazonへ配送委託をすればもっと売れるんじゃ無いか?
と思うのは決して私の思い込みとは到底思えません。


ましてや、迅速に出荷できてもわざわざ、運送会社の倉庫で1日おいてから配達に回すのは、留め置きする倉庫コストを考えているのか?と思うばかりです。
運送会社に至っても、できる限り「不在配達」を減らすべく、「事前配達メール」などで周知をしており配送効率はぐっと上がりました。
通販で山ほど商品を出して乱立させるくらいならば、amazonや大手サプライメーカを参考にもっと即日配送ができる体制をとる事が大事ではないか?

運送会社にしてみれば、お客様都合で日付指定を入れているのかと思うんですが、いろいろ調べてみると実は販売会社の都合で入れている場合もあるようです。

せっかちと思われがちですが、心情としては一日でも早く届ける出荷のサイクルも可能な限り早くする。といった工夫はいろんな意味で重要ではないか。と言いたいものです。

— posted by おおくす at 11:11 pm   pingTrackBack [0]

楽天市場とamazonどっちがお得か?

楽天市場LinkamazonLink 通販ならどちらがお得か?

と言う議論は正直無意味に思えることが多い。


amazonと楽天市場では、正直ターゲットがあまりにも違いすぎてしまうからである。


Link





楽天市場は、「送料」は有料だが「ポイント」がつく。
amazonの場合は、「送料」は無料だが、「ポイント」はつかない。


どちらも配送会社は宅急便(ヤマト運輸)だとすれば、どちらが良い選択だろうか?


結論は送料と時間で比較すべき。と考える。



私の場合、新刊の書籍は「楽天」、中古の書籍は「amazon」と決めている。



はたまた、マニアックな中古の書籍は「ヤフオク」というオチがあるんだが・・・。



楽天の場合は、わずかだが「楽天ポイント」が付与される。
楽天カード決済だとさらに1%のポイントが付与され、基本ベースで2%、店舗単独の企画で最大11%が還元される。


Link


つまり、1000円の商品で、110円分のポイントが付与される訳だから、890円で購入できる算段だ。


本の原価は販売価格の70%が目安なので、1000円の本なら、300円が粗利となる。ポイントやカード決済の手数料を差し引くと純粋利益は100円程度となる。
そんな事情はさておき、amazonの魅力は豊富な商品ラインナップと送料無料なところである。
楽天はポイントと関連事業の多彩さで、購入商品のポイント還元狙いで買えば買うほどお得という演出がある。

つまり、楽天は「定価販売(いわゆる再販価格)」の商品になれば、amazonより優位に立つが、オープンプライスまたは希望小売価格で展開している場合は、圧倒的にamazonが有利だ。

その事情は、小物商品においてamazonが直接販売する商品については、原則送料は無料だ。

さらに、有料会員制度(プライム)に加入していると、当日配達便(500円)の手数料が無料となり、購入する側にとってみれば朝頼んで、夕方に届く生活は通販の究極型ともいえる話ではないだろうか。


元々amazonは「インターネットで書籍販売」を目的に開業した企業だ。
今では、書籍以外に生活用品から家電・衣料品に至るまで取りそろえている
キャッチコピーの「地球で一番の品揃え」というのはまんざら嘘ではない。


私自身は、近所で購入できそうなものですら、amazonで買う様になったのは商品を手に取るまでもない場合に限るわけで、初めて買う場合は最初は店舗で買う
・・・正確には、品定めをする。

と言うのが正しい。


特にパソコンのパーツ類はその傾向にあり、私のような客は、店舗泣かせじゃないだろうか。

それでも店舗に足を運ぶのは、通販が必ずしも安いとは限らない、価格差で100円〜500円程度しか差が無い場合は、すぐに手に入る店舗を選ぶ。
店舗と違い、通販の良さは「店頭での説明の煩わしさ」がない点。
ほしい商品を1時間でも2時間でも検討できること。
店頭だと、今買わないといけない義務感を感じてしまう為。

楽天市場・amazonなど、通販利用における大事なことは「十分な目利きができるか?」という点。

リアル店舗がなくなるというより、店頭で扱えない本・商品を豊富に用意できるインターネット通販は地方在住の私には大変ありがたいサービスである。
地方と都市の格差が縮まりつつある。

— posted by おおくす at 08:18 pm   pingTrackBack [0]

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 2017.8 >>
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
T: Y: ALL:
Created in 0.1364 sec.