[ カテゴリー » 雑記帳 ]

教員免許更新を終えて〜非教員が更新講習を受けるまでノウハウ

先日、教員免許の更新が終わり、無事更新確認書類が教育委員会から届いた。


そもそも、教員免許の更新がなぜ始まったのか?と言えば、教職員の資質向上という事が始まっているのですが、現実の所は無免許教員を排除する為の施策とも言える事だと思う。
免許更新の制度が始まったのは2009年の事で、まだ制度確立して10年にならず、やっと半分の教職員が更新完了した流れではないかと見ている。
免許更新は更新満了の2年前から受講可能で、更新完了までに30時間受講し、その後修了証をもって教育委員会へ提出する事で、その効力が発生する。

ただ、この講習制度自体は当然ながら有料で

受講は1時間あたり1000円
30時間の講習を受講するため、30000円の受講料が必要になる。

その後が大変だったのである。

長崎県の場合は、主に長崎大学が中心になって県内の大学や教育機関が連携して講習を行う仕組みになっている。


最初のハードルは
「どうやって受講できるか?」
である。


実は、ペーパー教員には、受講の資格が無いというのが「常識」であり、免許更新を受けるためには「教職員」である事が前提になるのだ。

おかしな話であるが、「教員」になる為に、「免許更新」が必要だが、「免許更新されてない」教員は採用される訳がない。


当たり前である。


つまり、免許更新前になんとか、教職員になっているならば、こう言った事で悩む必要はないが、結果的に更新が必要な私は講習も受講できなければ、採用もされない。
それくらい、面倒な話である。

某高校の先生から話しになった事で印象深かったのが、
「教員経験者に臨時採用の話をしたくても、免許が更新されていないので教壇に立てない」という事態が発生していると言う話。

ここまでいけば、弊害といって良い話。



教員免許更新のそもそもの抜け穴というのは、法律である以上常にあり、

「現職教員で無いものは、採用見込みの証明書を提出することで受講資格のある者と見なす」
という記載がある。


採用見込みとは何か?


免許更新ができていない、時点では、「採用見込み」であっても、「採用される」とは限らない。


これは、毎年夏に実施される、新卒採用の「免許取得見込み」と同じ事であるが、
現実の話、教員採用されても、免許が取得できなかった事例はとにかく、多くその年数からいけば数十年勤務していて、という人物が多く存在する事。

その発覚の仕方が、この免許更新ができてない事で判明するのだから滑稽である。


しかし、既卒者で既に免許を取得している私が採用見込みというのはどういうケースに当たるのか?


具体的な方法としては


「臨時採用名簿に登載する事」である。


臨時的任用教職員採用(通称:臨採名簿)とは、教職員の欠員が発生したとき、臨時的に就業希望する場合に限って、採用する事を指す。


今回、この制度を利用し、同時に免許更新講習を受講する為の証明書を提出したと言う流れになる。



時系列で記載するとこんな流れになる


1月 臨時的任用教職員採用への登載志願書提出
2月 免許更新講習の受講申込
3月 免許更新受講資格を得る為、教育委員会へ証明書の発行願 ←ここが重要
〜〜ここまでに講習申込ができなければ、長崎県では来年度しか受講はできない〜
4月 受講科目の決定
5月〜10月 受講
10月 受講修了証が届く ←教育委員会へ提出する重要書類(届かない場合は再発行を依頼しなければいけない)
11月 手数料を添えて教育委員会へ提出 ←超重要(これを行わないと免許更新にならない)
12月 確認証明が教育委員会より届く


つまり、免許更新を完了するためには約1年かかり、明日からすぐと言う訳にはいかない。
現実の話は、ここまで面倒な手続を行ったうえで臨時採用を希望する事が現実的か?といえば、Noと言わざる得ないでしょう。
免許更新においても、一度退職して免許更新しなければ採用ができない。
もちろん、今後の免許取得者はすべて更新対象になる為、こういった事は減るという。

免許更新はものすごい労力と、手間が掛かり実効性がどこまであるのか考えてしまう。



文字にしてみると割と簡単に見えますが、結構時間と労力と神経を使う事には変わりなく、色々な事も多いのがこの講習。


講習のハイライトは改めて書いていく予定。


では、また

— posted by おおくす at 11:47 pm   pingTrackBack [0]

不覚にも詐欺被害に遭う〜国際取引の難しさ

個人売買の難しさは、色々な所にありますが、自分は大丈夫だろうという考えがあっけなく崩れ去った今日の話。

IMG_7289

IMG_7605

かねてから買い手募集していたiPad。Airレジが対応しなくなった事を理由に売却先を探していた矢先に、一通の問い合わせが入る。

送料をいれて1000ドルで買うから銀行口座を教えて欲しいと言う内容。

送り先はマレーシア。

・・・そかそか、やりとり自体はさほど気にする事でなかったものの、英文でのやりとりは苦手。本来の流れからしても大丈夫だろうかと思いつつ、入金があれば大丈夫だとタカをくくっていた私

それから、送金した?と言う内容が届き、商品を発送しないと着金しないという話は・・・海外はそういうものなのだ?と思っていたら

実は、、、そういうことは無かったんです。

あまりにも巧妙?な手口に、自分なら大丈夫という所はこういう部分に当たると痛感。





今回の実損額は、相場等と送料などの実費で約1万円。(原価ベース)
(iPadの相場自体が既に下がっているので、それを10倍も出して買う事自体が本当はおかしな話と気づくべきだったんですが)

詐欺の手口を考えた時に、足の着きにくい事は多々あります。

自分なら大丈夫という考えについては、改めなければいけないと痛感しました。

実損額を補填できるかどうはもちろん、物品に関する対価は十分得られるか?と言う事もあります。



もちろん、このような相手であるから、この後に想定できる事は、正常に動作しなければ支払わないと言う事で先延ばししていくだろうと思います。つまり、それだけ私が、お人好しだったのだと思うわけです。

日頃から、怪しいメールには気をつけよ。といいつつも、自分自身が過信していた事が今回の惨劇になった事は、到底看過できるはずもありません。日本国内で発生した事であれば、どんな方法でもとりようがありますが、国際問題になってくると言葉の壁、地理的な問題なども十分、考えなくてはいけないのです。

今回の商品がiPadだった事も、税関などの部分において通関しやすい事も1つの要因だっと考えます。商品的な価値は世界的にもちろんありますが、不本意な詐欺にあった点は、よく考えればおかしい所だったのかもしれません。

商売というのは、相手を信用する所からはじめますが、その信用が不明な時は、第三者という事で行う手法であります。その第三者の真贋を見極めきれなかった事は間抜け以外の何者でもありません。

あるテレビ番組に出演していた骨董屋の主人は、贋作かどうかを見極めきれなかったのは見る人間の判断が足りないからだ。多くの贋作をつかまされた。と言う事を述べられた事は、今その場面に立たされて気づかされるばかりです。

今回の手口自体は

商品発送を確認しなければ、着金しないという仕組みは、本来は「あり得ない」という部分ですが、実はこの手法は、かつてのヤフオクがこの方式であったのです。普段からヤフオクを使っている事が多い、私にとってそのような「エスクロー(仲介サービス)」が当たり前になって慣れていた事が盲点とも言えたのです。

色々な諸問題を抱えつつも、海外取引の難しさ、身近な所に詐欺は多い事を痛感し、同じ事がまたあるだろうと自戒の意味もこめて書いていくばかりです。

私の人生はいつも失敗ばかりですが、大きな失敗にならないよう生きていくようにします。

— posted by おおくす at 02:19 pm   pingTrackBack [0]

障害者とコンピュータ〜ALS患者とパソコン

久々パソコンをさらっていたら珍しい原稿が見つかりました。
原文は当時のまま、20年ほど前に執筆した原稿です。

テーマは筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者と音声支援ソフトに関する話題です。


「障害者とコンピュータ」


 「ビデオゲームが有害だって?昔、ロックンロールもそういわれたもんさ」
宮本 茂 氏(任天堂株式会社 ソフトウェア開発のチーフ プロデューサ)
 みなさんは、ビデオゲームをどのような感覚で遊んでいますか?障害者とコンピュータどこにどういう接点があるのでしょうか。これについて、一つ考えて欲しいと思います。
 私は先日、ある障害者の家を訪ねました。その方は、ALSという重度障害を持っていました。症状は体が思うように動かないうえ会話困難な方でした。
そこで、少しでもコミュニケーションを図れるようにするために、意思伝達装置を行政側が導入し、その指導を私がすることになったのでありました。納入は私が来る2週間ほど前にすでに行われておりました。
 私は、彼のことを少し聞いていました。話によると、
「ファミコンをすることが出来る」と。
 これが功を奏すとはこの時点では全く想像もしていませんでした。
 早速、指導を始めました。起動するとWindows3.1が上がってきました。そこから、音声装置が起動し、動作し始めました。起動はしましたが、思うように動きません。困ってから、マニュアル、ソフトをとにかく見て、あれこれしましたが、うまくいきませんでした。私が、よく分からず、席を外すと彼が手足を使い、動かし始めました。私は「大丈夫かな?」と見ていましたが、さっき出来なかった私よりうまくやっていました。
 この時点で私は、「彼に対して説明は必要ないな」と思いました。
 彼はそのうえ、大して役に立たなかった私に対し、操作を続け「本日は、お忙しいところをお越しいただきありがとうございました」と入力し、私は目頭が熱くなる思いがしました。
 このとき、ふと辺りを見回しました。なんとSFCが置いてあるのです。私は、ピンときました。私は、「これに馴れていたから、あれを使うことが出来た」と、推察しました。
 私は、元来ゲーム機は道楽のために存在すると思いましたが、他の効果として社会進出、集中力を養うことも出来ると言うことに気付きました。
 彼はコンピュータ制御を自分のものに出来た背景に、ファミコンが影響していたのではないでしょうか。
 私たちは、五体満足を当たり前のように感じています。しかし、中には、そのような恩恵にあずかれなかった人もいます。
 ゲーム機のもたらす影響は、どんな人に対しても大きいと思います。
 みなさんの周りにも、話すことが困難な障害者の方々はおられると思いますが、彼らを陰で支えているのが、人でありゲーム機であると思います。
 これからも、暖かい手をさしのべて欲しいと思います。

July 14,1996 おおくす@ながさき

— posted by おおくす at 09:28 pm   pingTrackBack [0]

社用封筒と料金後納郵便

ようやく、会社の封筒をゴム印から印刷に切り替えたものの一種のためらいがありました。

image


料金後納郵便を一昨年にはじめてから封筒も作らねばと思っていましたが、わざわざ印刷会社に出すまではないだろう。

と言うのは私の勝手な思い込みでいざ、作ってみたら仕上がりの良さを実感せずにいられませんでした。


社用封筒を料金後納にしたかった理由は大きく2つあります。

1つは「料金後納ができる信頼性」を外部にアピールする為
2つは「業務利用における請求の実績確認」の為

が上げられます。

特に対外的に料金後納ができるメリットはかなり大きく、切手を貼るのと違い原則として消印が押印される事はありません。

これは、いわゆる「そば屋の出前」方式で、消印が押されない事を逆手にとるいわゆる「ある程度の延着はかまわない」事を意味します。

消印は時として「状況証拠」を突きつける決定的な証拠になります。

どうしても消印が必要な場合は、やむなく切手または窓口で料金印紙(証紙)を貼ってもらい、消印として処理してもらう事もあります。


最近は、パソコンとプリンタがある程度幅を利かせる様になってから、封筒印刷も自前で行う事が増えました。業種・年商関係なくです。

なぜ、印刷会社に出さずプリンタなのか?訊ねると
「わざわざ印刷会社に出さなくても自分たちで印刷すれば済むじゃないか?」

と言う答えが返ってきます。

ただ、私は身の回りの印刷物はできるだけ

「顧客向けの資料はレーザプリンタ」
「名刺などは印刷会社」

と使い分けており、インクジェットに関してはfaxがある程度です。


世間一般インクジェットが悪いのでなく、インクジェットのにじみがどうしても気になり、安っぽい気がするのが私の中でありました。

これは見かけ倒しかもしれませんし、一種の自己満足かもしれません。

社用封筒は相手に送る上で顔とも言えるもの。
シンプルだけど、自信もって使いたい。

特に名刺を始め、こういった資材関係は初期投資を考えると重くのしかかるもの。

効率を考えると

「印刷した封筒」
「料金後納」
「窓つき」

の3つは、「ミスをしない」工夫の一つです。

相手の印象は必ずしも口に出して言うことはありません。
ただ、仕事のスピードを1秒でも速めるには欠かせません。

仕事効率を高めるのは、大切な事です。
封筒を印刷し、料金後納にする、本当の理由は


「絶対偽造ができない」


これに尽きるのです。

— posted by おおくす at 11:33 pm   pingTrackBack [0]

最近のパソコンサポートの傾向

職務上の機密に関わりそうな危ない話で時々、関係者の肝を冷やすおおくすです。


さて、ここ最近、パソコンサポートの傾向は

「パソコンが起動しない」

と言う案件が相次ぎ、お客さんに選んでもらう事が増えました。


診断といった事ももちろんですが、異常が無いが気になると言う心情的な事から
私が行う対策として

「HDDをSSDに変更」という対応が基本です。


ここ半年近く、毎月交換しており、事務所のパソコンもすべてSSDに交換するなどSSD率はほぼ100%です。(うち1台は1.8HDDの為、仕様上変更不可、Macは完全内蔵の為SSD交換はできない代わりに、すでにSSDが搭載済み)

ベンダーも例外なくIntel SSDを使うのもほぼ既定路線になっています。

Intel SSDが良い理由は様々ですが

1 デスクトップ・ノートどちらも搭載ができる事
2 データ移行プログラムが無料で提供されている事
3 Intelのメーカブランド力が高い

この3点は単価が多少割高になったとしても、お客さんに納得してもらえる製品故、安心が買えると考えています。

もちろん、私の会社のパソコンもすべてIntel SSDに換装しています。

SSD



SSDの利用がどの程度満足を与えるか?は人それぞれと思いますが、当初はSSDを使うメリットはあまり感じませんでした。

近年、SSDのメリットを実感できる様になってから自信もって提案できるのは
自社で利用し、実績ができた事が大きな要因では無いかと考えます。


パソコンサポートにおいて、重要な事は

1:すぐに動けるフットワークの軽さ
2:お客さんからの要望へ的確に対応できる知識
3:実現に向けた技術と機材を持ち合わせているか

ではないかと考えるのです。

パソコン修理という業務はとにかくスピードが重視されます。
いつでも良いと言うお客様ははっきり言いまして「いません」
依頼してどのタイミングで訪問できるかが「商機」だと思います。

逆に「スピード=信用=収益」

「対応が早い」のはどんな講釈よりも、信頼を得やすい事。


今後の対応案件として増えるだろう、「パソコンの入れ替え案件」は単価ももちろんですが、案件における「リスク」も高い故、確実にできる業務に即応するのが前提だろうと考えます。

— posted by おおくす at 11:40 pm   pingTrackBack [0]

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 2017.6 >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
 
T: Y: ALL:
Created in 0.1263 sec.